このサイトは、長年バストの
小ささに悩んできた筆者が
バストケアに関する知識を猛勉強し
正しい知識を見極め、
バストケアを続けることで
バストをB→Dカップにさせた経験から
生まれました。
バストアップ美女セラピーでは
「本当に正しいバストアップの
情報とは何か」
を主眼に置いて
バストアップに関する様々な情報を発信しています。

Pick Up

  • バストアップ法
    バストが小さくなるのはダイエットのせいではなかった!バストアップに必要な誰でもできる習慣とは

    「ダイエットをしたら胸から小さくなった…」という声を耳にする機会はありませんか?…

  • バストアップ法
    胸を大きくするための簡単バストマッサージ

    「何をやっても胸が大きくならない」「バストアップマッサージが続かない…」という方…

  • バストアップの知識
    バストアップのファーストステップ!ブラの正しい選び方

    皆さんはブラを購入する時、どんな基準で選んでいますか? 最近はブラトップ(ブラキ…

  • バストアップの知識
    冷えがバストアップを妨げる!?温めボディが美乳を作る

    バストアップのためにマッサージや食事、サプリメントを試しているのに、なかなか効果…

最近では数多くのバストアップ方法があり、バストに悩みを抱える女性たちの解決への道も広がりました。インターネットで検索すると、方法や口コミ、実践レポートなどの情報が飛び交っていて、参考になるものばかりです。

しかし、あまりの情報の多さに「一通り手を付けてみた」という方もいれば、「何からすればいいか分からない」と迷われる方も多いのではないでしょうか。

効果を得るには、あなたに1番合うバストアップ方法と出会う必要があります。

この記事では、5つのバストアップ方法『ナイトブラ、美容ローラー、コルセット、サプリ、豊胸手術』のメリット・デメリットと比較結果を説明し、体形別のおすすめバストアップ方法を提案していきます!

5つのバストアップ方法の「メリット・デメリット」

まずは比較していくバストアップ方法の紹介と、実践したからこそ分かるメリット・デメリットについて説明していきます。

これまでに行ってきた『ナイトブラ、美容ローラー、コルセット、サプリ、ヒアルロン酸豊胸』それぞれについて、分かりやすくまとめたのが以下の表です。

メリット デメリット
ナイトブラ

ふんわりルームブラ

(Angeliir)

・寝ながらバストアップ

・バストの形、位置を正す

・バストの垂れ防止

・外では着けにくい

・締め付けが苦しい

・暑い

美容ローラー

リファカラット

・柔らかいバストに

・血行がよくなる

・痩身効果もある

・「バスト専用」ではない

・お肉を挟みすぎると痛い

・内出血を起こす可能性もある

コルセット(Burvogue) +

はみ肉グイ寄せブラ(ピーチジョン)

・背中のお肉を移動させやすい

・肋骨を締める効果がある

・ウエストも細くなる

・締め付けがかなり苦しい

・筋トレをしないと筋肉量が減る

バストアップサプリ

プエラリアミリフィカ

(オーガランド)

・飲むだけで楽ちん

・バストアップ以外にも効果がある(美肌、生理痛の解消など)

・副作用の恐れがある

・大きくなってもサプリの効果なのか分からない

ヒアルロン酸豊胸

(共立美容外科)

・確実にサイズが大きくなる

・どの程度大きくするか決められる

・位置を決められる

・失敗や副作用の恐れがある

・費用が高い

・ダウンタイムがある

バストアップの種類によって“メリット・デメリットの大きさ”に違いがあります。やっぱり魅力的なメリットを持つ方法は実践したくなりますし、デメリットが大きいほど手を付けづらいですよね。正直なところ、「楽な方法で効果がほしい」というのがみんなの本音です。

しかし表にしてみると、確実にバストアップできる方法はリスクも大きく、コツコツ続ける方法ほどデメリットは小さいことが分かりました。

バストアップには「自分は何を優先するのか、どこまで妥協するのか」が肝心で、そのためにはそれぞれのメリット・デメリットを理解する必要があります。

ということで、ここからは5つのバストアップ方法について詳しく見ていきましょう!

①ナイトブラ『ふんわりルームブラ』

ナイトブラとは、「寝ている間に」バストアップしてくれる魔法のようなブラジャーです。最近ではたくさんの商品が販売されており、バストを寄せ上げて盛ることに長けている商品やバストのお肉を流さない商品など、ナイトブラによっても機能効果はさまざま。

バストサイズに悩む女性は、寄せ上げて盛る「しっかり派」のナイトブラがおすすめです。

背中からお肉を持ってきて、しっかりカップに入れると別人のような大きさになります!

寝るときのお肉の流れや形にこだわる女性は、バストのお肉を包み込んでくれる「ナチュラル派」を選びましょう。睡眠を妨げることなく、着けやすさにこだわった商品もたくさんあります。

私が使用していたAngeliir『ふんわりルームブラ』は、しっかり派とナチュラル派の中間あたり。「寝やすいけど、バストはしっかり固定してほしい!」という欲張り女子におすすめです。

 

ナイトブラのメリット・デメリット

メリットは、寝ながらバストアップできる上、痛みやめんどくささを感じずに続けられること!「痛い」「面倒」という気持ちは継続を妨げ、効果が出る前に中断してしまう人もいます。また、外側に開いたり垂れたりしているバストの形を矯正する効果も。

理想のバストに正してくれるのもポイントです。

デメリットは、ナチュラル派のナイトブラの場合はバストの揺れを止めることができないため、外出時の着用には向いていません。反対に、しっかり派はバスト周りも固定するため、締め付けが苦しく寝つきが悪くなります。

 

②美容ローラー『リファカラット』

『リファカラット』は、顔や体全身に使用できる美容ローラーのこと。百貨店や家電量販店でも売られており、美容好きなら知らない人はいない商品です。

「痩身用に購入したものが、じつはバストアップにも使えちゃった」という流れで、今でも顔や体、バストに使用しています。

エステティックメソッドというエステティシャンの技術を再現したローラーは、お値段以上の価値がある商品です。マイクロカレント(微弱電流)により肌の悩みにアプローチし、防水加工も施されているためお風呂の中でも使用できちゃうんです!

 

美容ローラーのメリット・デメリット

メリットは、リファカラットのマッサージにより体の血行が促進されること。脂肪を柔らかくほぐし、そのお肉をバストへ持っていきます。

その結果、痩身とバストアップの両方を実感できちゃうんです!暇な時間にコロコロするだけなので、安全で続けやすく、始めやすいのがいいですよね。

デメリットは、「バスト専用」ではないこと。ですので、マッサージしにくい部分もあり、お肉を挟みすることも……。効果を出そうとしコロコロしすぎると内出血を起こしたり痛みを感じたりするので、力を入れすぎないよう優しく扱いましょう。

 

③元鈴木さんおすすめ『コルセット+はみ肉グイ寄せブラ』

美容ライター兼オンラインサロンの運営者である元鈴木さんがおすすめしたことによって、SNS上で話題になったバストアップ方法『コルセット+はみ肉グイ寄せブラ』。

コルセットには『Burvogueコルセット』、ブラジャーはピーチジョンの『はみ肉グイ寄せブラ』がおすすめです!

コルセットで肋骨を締めると、背中のお肉が絞り出されるように上に乗ります。

これをはみ肉グイ寄せブラのカップに移動させていくと、だんだん背中のお肉が少なくなりブラに集まるというバストアップ方法です。

 

「コルセット+グイ寄せブラ」のメリット・デメリット

メリットは、背中のお肉が塊で現れるので、何もせずに流してくるよりも集めやすい点。背中がスッキリするのが目に見えて分かるので、効果を感じやすいです。さらに、肋骨を締めることでアンダーバストがサイズダウン!アンダーバストから腰にかけて細くなりくびれも生まれるので、全体的にスタイルがよくなるのも嬉しいポイント。

デメリットは、慣れるまでは締め付けが非常に苦しいこと。ナイトブラでも締め付けについて説明しましたが、比べ物になりません。

座っているのも苦しく、食事もいつも通りにはとれません。また、コルセットを着けると腹筋・背筋を使わなくなるため、筋力が低下することも……。腰痛の原因にもなるので、毎日少しずつ筋トレを行ってくださいね。

 

④バストアップサプリ『プエラリアミリフィカ』

私が服用したのは、オーガランドの『プエラリアミリフィカ』です。当時はプエラリア含有量が1粒200mgと非常に多く、1日最大の400mg摂取していたことも起因して「副作用」を起こしてしまいました。

バストのハリも感じましたが、トラブルによって服用は中止することに……。現在は1粒49mgにまで下げられ、安全にバストアップできるようです。

最近ではさまざまな商品が販売されていますが、ブランド重視ならDHC『濃縮プエラリアミリフィカ』、話題性重視なら『ベルタプエラリア』や『LUNA ルーナ』でしょう。選びきれないほどの種類で溢れているので、安全性や自分の体質に合う商品かを見極める必要があります。

 

バストアップサプリのメリット・デメリット

メリットは、飲むだけでバストアップできるのが最大のポイントではないでしょうか。

着ける必要も、マッサージに時間を取られる必要もありません。さらに、美肌効果や生理痛の緩和など、バストアップ以外にも効果を発揮してくれる優れもの!

デメリットは、副作用が起こる可能性があることです。これには個人差があるため、「絶対に安心」「絶対に起こる」とは断言できません。

だからこそ不安が大きく、試しにくい部分もありますよね。サプリを飲み始めた結果バストが大きくなっても、本当にサプリの効果か分からないのもデメリットだと言えるでしょう。

 

⑤豊胸手術『ヒアルロン酸豊胸』

確実にサイズアップできるバストアップ方法なら、豊胸手術しかありません。手術前日までに手術方法や形、注入量などを決めます。

豊胸手術にはバック挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法の3つがありますが、私が行ったのは『ヒアルロン酸豊胸』。

共立美容外科で手術を行いましたが、ダウンタイムも1週間程度で済み、約1年経った今でも副作用による痛みや腫れはまったくありません。

手術決断は非常に勇気がいることでしたが、後悔はしておらず、むしろ「手術をしてよかった」と感じています。自分と相性がよく、確かな腕を持つ先生を見つけるために、自らカウンセリングにまわるのが大切です。

 

豊胸手術のメリット・デメリット

メリットは、確実にサイズが大きくなることと、形や位置を決められることです。例えば離れているバストに悩みを抱える方は、バストの内側寄りにヒアルロン酸を注射することで改善されます。ただ大きくさせるだけでなく、悩みによって注入箇所を変えられるのも嬉しいポイントです。

 

デメリットは、失敗や副作用の恐れがあること。質の悪いヒアルロンを使用した場合、術後に炎症を起こすなどの副作用が生じる危険性があります。その他、要望とは違う形になったり、バストが硬くなったりすることも……。加えてバストアップの中ではもっとも費用が高く、ダウンタイムには痛みを伴います。確実にバストが大きくなるとは言っても、リスクの高さから手が出せない女性も多いのが現実です。

 

5つのバストアップ方法を比較してみた

それぞれのメリット・デメリットについて説明しましたが、「これは私にピッタリ!」と感じた方法はありましたか?やはり、人それぞれどこまでできるか、どこまで我慢できるかが違ってきます。

ここからはそれぞれを比較するため、私が実際に使ったお金(価格)、確実に効果を実感した日数、痛み、効果、手軽さについて「◎〇△」の3段階でランク付けしていきます。

価格 日数 痛み 効果 手軽さ
ナイトブラ

ふんわりルームブラ

4298円

3ヶ月

 

 

 

美容ローラー

リファカラット

25704円

1ヶ月

 

 

 

コルセット +

はみ肉グイ寄せブラ

約6000円

1ヶ月

 

 

 

バストアップサプリ

プエラリアミリフィカ

450円

中断

 

 

 

ヒアルロン酸豊胸

 

約50万円

1週間

 

 

 

まずは、表にある「価格」から見てみると、数百円~数千円で行えるバストアップ方法がもっとも手軽で始めやすいことが分かります。

やはり、バストアップ方法を選ぶにあたって避けて通れないのが“金銭的な事情”ではないでしょうか。飛びぬけて安いのはバストアップサプリ、高額なのはヒアルロン酸豊胸です。450円と50万円では3桁も違いますし、「試してみようかな」くらいの軽いノリではできませんよね。

「日数」ではヒアルロン酸豊胸が1週間と、圧倒的な速さでバストアップに成功しました。ヒアルロン酸豊胸でも全身麻酔をしましたし、手術台で行いました。そうと聞くとかなり大がかりに思えますが、実際は30分程度で終わる手術です。目が覚めたときには終わっていたので術中の痛みや恐怖もなく、強い筋肉痛のような痛みを1週間我慢して、バストが完成しました。

 

やっぱり、「痛み」に関してはバストアップサプリがナンバーワンです。副作用による激しい子宮の痛みは、これまで生きてきた中での最恐クラス……。もう経験したくないので、バストアップサプリには一生手を出さないと誓いました。

しかし、これはあくまでも私個人の経験談です。サプリによるバストアップ効果を実感している方もいるので、副作用や効果には個人差があることを忘れないでくださいね。

「お金ならいくらかかってもいい!」という方の場合、「効果」を重視するべきでしょう。というのも、高額なほど効果も大きいからです。これまでバストアップ方法のみならず、エステやヘアサロン、化粧品など、美容に関するものは安いものから高いものまで幅広く購入してきました。美容に関して共通するのは、“高いほど質がいい、効果大きい”ということ。

当たり前のことを言っているようにも思えますが、実際はその事実を忘れている人が多くいます。安い商品を買っては効果を得られず他を買う……と、まさに「安物買いの銭失い」。

これらを踏まえて、私が「してよかった」と思えるバストアップ方法について紹介します。

 

私が「してよかった」と思えたバストアップ方法

「してよかった」と思ったバストアップ方法は、以下の2つです。

  • ヒアルロン酸豊胸
  • コルセット+はみ肉グイ寄せブラ

確実に効果を実感できて、1番満足度の高かったバストアップ方法が『ヒアルロン酸豊胸』です。値段が高いのがネックではありますが、何ヶ月続けても効果が出ないバストアップ方法をずるずる続けるよりも、「思い切って豊胸しちゃえ!」というのが私の考え方。時間の経過とともに人は年を取ってしまいますし、若いうちに夢を叶えたいですよね。

しかしそんな私も最初は勇気が出ず、豊胸を決断するまでに半年もかかってしまいました。大きなケガや病気もしたことがなく、人生初めての全身麻酔だったため意識がなくなるまではドッキドキ。それでも術後は「勇気を出してよかった」と思えました。

 

2番目はリファカラットと迷いましたが、『コルセット+はみ肉グイ寄せブラ』です。私の最大の悩みは“アンダーバストの太さ”でした。横に広い胴体にバストがついているため、同じカップ数の友人と比べても立体感がありません。

そんな悩みを解決してくれたのが『コルセット+はみ肉グイ寄せブラ』。肋骨を引き締めながらバストアップしてくれるので、1ヶ月も続ければ体にメリハリがついてきます。全然なかったくびれだって生まれました。

この2つのバストアップ方法は本当におすすめで、同時進行すれば本物の巨乳になること間違いありません!

それぞれの特徴や良さがわかったところで、お悩み別のおすすめバストアップ方法を、私からみなさまへ提案していきます!

体形や体質によって、相性のいい方法はまったく違うんです。あなたはやせ型さんですか?ぽっちゃりさんですか?

「やせ型さん」におすすめのバストアップ方法

体の脂肪が少なく華奢な「やせ型さん」におすすめしたいのが以下のバストアップ方法!

  • ナイトブラ(しっかり派)
  • バストアップサプリ

『バストアップサプリ』によって女性らしい体へと変化させ、『しっかり派のナイトブラ』でできるだけ脂肪を固定するのがベストです。バストアップサプリは太りやすくなる副作用がありますが、これを上手く利用しましょう。

また、やせ型さんには豊胸手術はおすすめできません。痩せていると胸の脂肪も少なく、バック挿入法ではバックと胸に段差が生まれ、ヒアルロン酸注入法では凸凹に、脂肪注入法は採取する脂肪がじゅうぶんにありません。

やはり脂肪のある女性のほうがバストアップ効果は得やすいので、少しだけ太ってみるとバストアップ方法の幅も広がります。

 

「ぽっちゃりさん」におすすめのバストアップ方法

「ぽっちゃりさん」におすすめなのがこのバストアップ方法!

  • ナイトブラ
  • リファカラット
  • コルセット+はみ肉グイ寄せブラ
  • 豊胸

 

バストアップの幅も広がるぽっちゃりさん。その脂肪をバストへ持っていかないなんて、人生損してます!

おすすめのバストアップ方法は、日中『コルセット+はみ肉グイ寄せブラ』で体を引き締めながらお肉を固定。夜はお風呂上りに『リファカラット』でコロコロと脂肪をほぐしながら、お肉をバストへ流しましょう。マッサージ後から朝まで『ナイトブラ』をつければ、かなりのスピードでバストアップ効果が期待できます!

コルセットでくびれも生まれてくるので、峰不二子のようなボディになれるかもしれません……!

 

反対に、おすすめできないのがバストアップサプリです。先ほども説明したように、サプリには太る副作用や、私が経験した子宮の痛みが襲ってくる可能性もあります。すでにバストアップできる体を持っているので、リスクを冒してまでサプリに手を出すのはナンセンス。

体にどんな影響を及ぼすか予測できない方法は避け、安全に確実に進んでいきましょう!

 

ピッタリのバストアップ方法は自分しか分からない

今回は、私が実際に行った5つのバストアップ方法『ナイトブラ、美容ローラー、コルセット、サプリ、豊胸手術』について取り上げました。メリット・デメリットや比較、体形別のおすすめバストアップ方法についての説明はいかがでしたか?

「自分に合うバストアップ方法は自分にしか分からない」ということが分かったのではないでしょうか。体形や体質によって効果の出方は違いますし、いくら効果があるといっても恐怖を感じていれば手を出せないのが現実です。

私は豊胸手術までしましたが、ノリで実践して“後悔”だけはしてほしくありません。リスクの高い方法だからこそ、時間をかけて検討するべきです。

さて、最近サボり気味だったので『コルセット+はみ肉グイ寄せブラ』を再開しようと思います。豊胸手術をしても、キープするために努力を続けなくてはなりません。これからも一緒に頑張っていきましょう!

New Entry